FC2ブログ
.
.
.
.
.

知恵袋で見かけたデリヘルについての質問をまとめました。皆さんがよく疑問に思う事・思わず笑ってしまう面白いものを中心に厳選してます。本番・浮気・性病・パネマジ・振替・フェチ・早漏・嬢への恋など話題別にカテゴリー分けしてます。
.
.
.
.
.
当サイトは風俗情報が含まれています。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
18才以上なので入場する
→ FC2 Blog Ranking
.
.
.
.
.
2016/02/29(月)

デリヘルを利用したんだけど・・ 先日、初めて

oomoij91
さん


デリヘルを利用したんだけど・・

先日、初めてのデリの子とHで遊んだ時のこと。
服を脱いでシャワーを浴びようとした時に、
「ドア開けておいていいでしょ?
」と言われ
シャワー室のドアを全開にして洗いました。
最初、その意味が分からなかったけど、
思ったのが、ひょっとして俺が先に出るから、
いろんな意味で疑ってるの?と考えました。
これって、どう思いますか?
そして、自分のブログに載せる写真を撮って!と
言われて撮りましたが、何枚も何ポーズも要求されるけど、
時間が、どんどん過ぎるし・・・と、気が気じゃない。

こんな嬢って、地雷?

2016/1/2820:17:12


ベストアンサーに選ばれた回答

king_of_yoshiwara_012
さん


ああ、地雷…。
今度から違うところに電話しよう!

※管理人コメント:地雷?それくらい結構いるもんですけどねー。




その他の回答

tenkiame7171
さん


ドア開けておくのは当たり前だよ…
荷物をイタズラされたりしないようにしてるからだよ…

※管理人コメント:お互い初対面の場合はしょうがないですよね。逆になんかあった時変に疑わなくて済みますしね




その他の回答

seiryu707
さん


まぁ 良くあることですよ。女の子よりお店変えた方が良いと思いますよ。結構 女の子はアルバイト感覚でやりますから やり方がどうであれ お店側はお金を支払いといけないので 適当にやる人は居ます。

洗い方が適当だったり 痛くてもやめてくれなかったり 雑だったり。

ドア開けておいてというのは意味が良く分かりませんが 念のためだと思います。これはあなた限らず誰にでも 自分は一緒にシャワー浴びて 一緒にお風呂入りますね。

次に撮影ですが 大体は1二枚が普通です。例えばコスプレプレイの時とか お店のサイトに載せるのは大体 今のご時世 自撮りですよ。

自分がダメだと思ったら ダメでしょうから 別なお店か最悪 別な娘1から探すとかですね。

もっといい体験をしてほしいです。

偉そうですいませんでした。

※管理人コメント:うんまあとりあえずその子はやめましょう




その他の回答

masaki_04507
さん


顔とサービスと接客が良ければ地雷じゃないでしょ?

誰だって見ず知らずの人を本当に信頼なんてできないですからね。

あ、写真は一通りエッチが終わって、余った時間でのお願いではなく、
エッチ開始前に写メをねだってきてるって事?

で、あれば時短地雷です・・・

※管理人コメント:時短地雷ってのもあるんすね笑




その他の回答

derichudokuku
さん


地雷まではいかないんじゃないですか?

まあシャワーのドアを開けておいたのは、
用心のためでしょうね。

でもあなたの見た目がどうこうじゃなくて、
お客さん全員にそうしてるんだと思いますけどね。

※管理人コメント:うんこれはしょうがないですよね。




その他の回答

dosukebesm
さん


嬢も色んな嫌な思いしたことあるから、そういう行動になったのでしょう
ブログに乗せる写メくらい撮ってあげなよー
どうせ本番させてもらったでしょ?笑

※管理人コメント:ええ本番したなら許してあげてください




その他の回答

taki_1482
さん


残念ながら、外れですね

※管理人コメント:アタリかハズレかで言ったらハズレでしょうね





  現在の順位を確認する→風俗用語wiki
  
  人気爆発中のポータル→デリヘル情報 デリヘルキング口コミ・人気ランキングのデリヘルくん東京口コミ・人気ランキングのデリヘルくん福岡口コミ・人気ランキングのデリヘルくん大阪東京のデリヘル口コミ情報ならデリヘル王子
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
.
.
.
.
.

 | Copyright © デリヘル知恵袋まとめ All rights reserved. |  次のページ

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.