FC2ブログ
.
.
.
.
.

知恵袋で見かけたデリヘルについての質問をまとめました。皆さんがよく疑問に思う事・思わず笑ってしまう面白いものを中心に厳選してます。本番・浮気・性病・パネマジ・振替・フェチ・早漏・嬢への恋など話題別にカテゴリー分けしてます。
.
.
.
.
.
当サイトは風俗情報が含まれています。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
18才以上なので入場する
→ FC2 Blog Ranking
.
.
.
.
.
2014/03/05(水)

風俗嬢をそのままセフレにした事ある人います? どういう経緯でなりました?
rei5100gotoさん

風俗嬢をそのままセフレにした事ある人います?
どういう経緯でなりました?

質問日時:2013/2/24 06:51:53


ベストアンサーに選ばれた回答
loot256さん

元風俗嬢です。

私は基本的に店外デートはしませんが、それをする程親しくなったお客様とは店外ではあまりセックスはしませんね。

全然しない訳ではないですが、たまにする程度です。

大工と友達になって無料で家の補修を頼んだり、看護婦と友達になって風邪の時に面倒を見てもらったり、清掃員と友達になって家の掃除を頼むようなものです。

貴方も友達と会う度に仕事を頼まれたら嫌ですよね?

風俗嬢にとって、セックス(プレイ)は仕事です。

店外デート出来る程親しくなったなら、たまにセックスするのは良いと思いますけど、毎回頼むと嬢も萎えてしまいますので、程々にするのがいいです。

風俗嬢とセフレではないですが、店外デートをする方法としては、普通の友人レベルの気安い関係までなる必要があると思います。

定期的に来店して本指名をして、嬢に顔を覚えてもらう。
風俗嬢はあくまで仕事なので、嬢の人格を見下す言動は厳禁。
何より嬢の信頼を勝ち取る必要があります。

風俗嬢は毎日何人ものお客様を接客しています。
イケメンやお金持ちのお客様も多いです。
お客様から仕事だけで人格を決め付けられて見下されています。
もちろん、店外デートはルール違反で店にバレたらペナルティがあります。

そんな状態なのでお客様とプライベートで店外デートをするのは難しいですが、絶対無理ではないので、これらをヒントにして頑張って下さい。


★追記★
私が店外デートをする相手は、友人レベルまで気安い関係になれたお客様だけです。

顔や財力、プレイの上手さは関係ないですね。




その他の回答
derichudokuさん

かなり確率は低いですが、
何度かはあります。

結局はモテるか、モテないかです。

私の周りの普段モテる人は年中プライベートで風俗嬢とエッチしてます。




その他の回答
hoshiwouteさん

元風嬢ですが、お金持ちの社長さんに誘われてプライベートでもホテルに行っていたことがあります。
その時は、それなりにおこずかいももらえたし、セックスの相性もよかったので誘いに乗った感じです。

完全にお金なしの身体だけの関係っていうのは、お客さんとはなかったですね。

あとは、新規さんがすごく好みのタイプで、相手も私がタイプと言ったので自分からアドレスをきいて、お付き合いに至ったこともありました。その彼と今度結婚します。




その他の回答
sento_no_bandaiさん

セフレじゃなく交際にいたったことあるよ。
向こうからテーマパークに一緒に行く相手として声をかけられて1年半付き合ったけど、地元に帰らいといけなくなり、それが地方だったので、別れを迎えたけどね。
その嬢とは毎回指名で、Birthdayプレゼントした次の回のプレイの時、マットヘルスでの騎乗位スマタのはずが騎乗位挿入をしてきた。
その次のプレイでテーマパークの優待券をお返しに渡したら、冒頭の話になったわけ。
別れたってことは縁が無かったんだろうけど、地元に帰る話が無かったら別れ話は出てこなかったかもね。





  現在の順位を確認する→風俗用語wiki
  
  人気爆発中のポータル→デリヘル情報 デリヘルキング口コミ・人気ランキングのデリヘルくん東京口コミ・人気ランキングのデリヘルくん福岡口コミ・人気ランキングのデリヘルくん大阪東京のデリヘル口コミ情報ならデリヘル王子

スポンサーサイト
[PR]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://delimatome.blog.fc2.com/tb.php/170-6dd8a34d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © デリヘル知恵袋まとめ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.