FC2ブログ
.
.
.
.
.

知恵袋で見かけたデリヘルについての質問をまとめました。皆さんがよく疑問に思う事・思わず笑ってしまう面白いものを中心に厳選してます。本番・浮気・性病・パネマジ・振替・フェチ・早漏・嬢への恋など話題別にカテゴリー分けしてます。
.
.
.
.
.
当サイトは風俗情報が含まれています。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
18才以上なので入場する
→ FC2 Blog Ranking
.
.
.
.
.
2014/04/15(火)

風俗嬢に説教したらだめなんですか?
oooooteteteteteさん

風俗嬢に説教したらだめなんですか?
「こんなところで働いちゃぁ~いけないよ」って説教したいです。

もし風俗嬢が「自分だってこんなところに来てるじゃん」って言い返してきたら、「僕は親の許可をもらって来ているからいいんだよ」って言い返せばいいだけのことです。

それに風俗嬢に説教しない人は、そんなに風俗嬢を愛しているんですか?

僕はそんなに愛していないから、説教したいんです。

ダメですか?

質問日時:2013/8/21 02:30:37


ベストアンサーに選ばれた回答
jina_bsisさん

彼女たちには彼女たちの事情なり、理由があるんだよ
だいたい「親の許可もらって風俗」って、どういうことかね?
説教したいならしてみてかまわないけど、あなたには説教する資格はないよ




その他の回答
ptwmjgda7608さん

説教はだめです!風俗嬢も目標があるから仕事しているのです。貴方がお金を貢げるなら良いのではないかと思いますが、そうでなければ説教はだめです!




その他の回答
yoshii_0131さん

愛している人だからこそ、注意したり叱ったりしますが、
何の気持ちも入っていないで長々と説教する人は男女問わず嫌われそうですね。

そもそも説教を受けている人から見ると「え?お前そんなに偉いの?」と鬱陶しく思います。
どうせ、同じお金と同じ時間を過ごすならお互いが楽しい方がいいのでは?というのが私の感想です。

あと、風俗のことを「こんなところ」と思う質問者様は産業について情報弱者であるし、なぜ、日本が風俗OKなのか、
の理由も知らなさそうですね。

「親の許可をもらって・・・」そんな親の教育を受けた質問者様に説教をされたら、私は怒り奮闘で勃起しちゃいますねw
風俗遊びが出来る年齢で「遊ぶ内容」でいちいち許可もらってんじゃ、、、あなたは小さい人なので勉強して下さい。

私は、風俗で高級車、あるいは、それ以上のお金を使っていますが、そんな考えは持ったことがありません。




その他の回答
egmikuさん

私は風俗嬢の仕事は経験ありませんが、長く水商売をしている者です。
風俗嬢がお客様から、「こんな所で~…」の下りはよく聞く話です。
風俗嬢を愛しているから、説教するとかしないとかとは話が違いますね。
どんな仕事もお金を頂いている以上、プロとして働いていますよね。
お客様がその風俗嬢に説教したいのであれば、説教すれば良いのではねいでしょうか?その説教を受けるのも、風俗でのサービスでの一貫だと思えれる風俗嬢に出会えればの話ですが…。風俗嬢の女の子はそれぞれ、色々な理由の元に働いている女の子達です。
不本意ながら、風俗のお仕事をしている女の子もいると思います。
その子達に、「こんな所で…」という言葉は、失礼ですし、間違いなく嫌われるか、不機嫌になることでしょう。
お客様側も、その言葉を言ったあとでは、女の子からのサービス具合にも多少なりとの変化はあるのではないでしょうか?
できることなら、お互いの為にも、そこには触れない方がいいと思いますよ?




その他の回答
delikunchanさん

説教するのは自由です。

説教代も基本料金に含まれてます。




その他の回答
rikonomistさん

ヒモはヤクザが多く、殺されるよ。





  現在の順位を確認する→風俗用語wiki
  
  人気爆発中のポータル→デリヘル情報 デリヘルキング口コミ・人気ランキングのデリヘルくん東京口コミ・人気ランキングのデリヘルくん福岡口コミ・人気ランキングのデリヘルくん大阪東京のデリヘル口コミ情報ならデリヘル王子

スポンサーサイト
[PR]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://delimatome.blog.fc2.com/tb.php/418-f1a789e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © デリヘル知恵袋まとめ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.