FC2ブログ
.
.
.
.
.

知恵袋で見かけたデリヘルについての質問をまとめました。皆さんがよく疑問に思う事・思わず笑ってしまう面白いものを中心に厳選してます。本番・浮気・性病・パネマジ・振替・フェチ・早漏・嬢への恋など話題別にカテゴリー分けしてます。
.
.
.
.
.
当サイトは風俗情報が含まれています。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
18才以上なので入場する
→ FC2 Blog Ranking
.
.
.
.
.
2014/07/29(火)

最近、排尿時に陰部の先端が痛むことがありますが、これは性感染症なのでしょうか?
sakimonnaoyaさん

最近、排尿時に陰部の先端が痛むことがありますが、これは性感染症なのでしょうか?
思い当たる節といえば、3週間ほど前に風俗を利用しました。自宅に呼ぶデリヘル型のものです。


ただ、私は風俗歴は10年ぐらいで100を超える数をこなしていますが(自慢ではないですが)、性感染症を患うことはこれまで一度もなかったです。

風俗のコンパニオンは定期的に性感染症の検査はされているはずですが・・・。

2014/7/307:19:18


ベストアンサーに選ばれた回答

kyoraku150
さん


風俗に行かれているのなら、性病の可能性はあります。
症状からですと、クラミジア、雑菌性の尿道炎ってところでしょうか?

質問者さまは、今まで検査に行ったことはあるのですか?
「性感染症を患うことはこれまで一度もなかった」とおっしゃっていますが、どうしてそれがわかるんですか?って話です。
症状が数年単位で出ない性病もありますし、こればかりは検査をしてみないことにはわかりませんので、風俗に行く人は、最低限、保健所でやっているような、無料のHIV検査(HIVの他、梅毒、肝炎などの検査をしてくれる施設もあります。)は定期的に受けるべきなのです。

風俗の女性従業員は定期的に検査をやっている。よく聞く話ですが、客側にとっては全く意味のない情報なのです。
風俗嬢は勤務中に何人もの客を相手に常に性病になる可能性のある行為をやっている訳で、風俗嬢がたった月イチの定期検査を受けたとことで、意味がありません。

本当に大事なのは、
風俗嬢の検査の有無ではなく、自分自身へ検査なのです。
今回は症状が出ている訳ですから、必ず病院(泌尿器科or性病科)を受診しましょう。




その他の回答

derichudoku
さん


まず

>風俗のコンパニオンは定期的に性感染症の検査はされているはずですが・・・。

大きな間違えです。そう謳っているだけでそんなお店は少ないです。


症状からするとおそらく尿道炎だと思うのですが、
淋病という性病の時によく出る症状です。

一度病院で診てもらったほうが良いと思います。

ちょっとしたバイキンが入っただけだと良いですね。

性病は運なので今までなったことなかった人が移されることもあれば、
年中私のように移される人もいます。

ちなみに私は過去8回性病をもらっており、
一度はコンジロームという病気で軽い手術もしております。




その他の回答

mg_k_k
さん


100を越えるほど行かれて経験なかろうが
女の子次第なのでね
運が良かったのでしょう

3回行って3回ともなにからもらってきた
そんな人もいましたよ

私が働いてた所は
性病検査は店でやってくれてなくて
月一自分で行ってましたが
性病検査に行くデリ嬢は半々
中には性病になっちゃったーなんて言って
薬服用しながら出勤する子までいました

おいおい、ってこっちは思いましたけど
ホント女の子次第なのでね

性病検査しっかり受けてる子でも
1日に5人とか相手にするんで
性病もらうリスクは高いですよ

病院へいけば1週間後には治るでしょう




その他の回答

kafkasoraran
さん


尿管結石の疑いもあるのでは..





  現在の順位を確認する→風俗用語wiki
  
  人気爆発中のポータル→デリヘル情報 デリヘルキング口コミ・人気ランキングのデリヘルくん東京口コミ・人気ランキングのデリヘルくん福岡口コミ・人気ランキングのデリヘルくん大阪東京のデリヘル口コミ情報ならデリヘル王子

スポンサーサイト
[PR]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://delimatome.blog.fc2.com/tb.php/595-42351c36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.
.
.
.
.

 | Copyright © デリヘル知恵袋まとめ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.